赤い羽根共同募金「しまねテーマ募金(広域)」

テーマ募金参加団体を募集します
募集時期/例年4月~5月末
募金活動期間/翌年1月~3月末
助成決定/翌年4月中旬
助成時期/翌年6月上旬
事業実績報告/事業終了後1ヶ月以内


◇◆テーマ募金とは◆◇
●団体が自分たちの活動のために共同募金を通じて支援を受ける。
●解決したいテーマや使い道を明確にして募金をお願いする。
●県民が判断、評価し、主体的に募金する。
 ・参加団体が自ら募金活動を実施
 ・募金運動期間は1月1日~3月31日まで
 ・事業実施はその翌年度

◇◆テーマ募金への参加方法◆◇
参加を希望する団体は、募金をお願いする具体的なテーマ(事業)及び募金目標額を決めて、5月31日までに県共同募金会に「しまねテーマ募金(広域)参加申請書」を提出してください。

◇◆参加団体の募金活動◆◇
参加団体は県共同募金会が提供する振込用紙付き広報用チラシ(上限2000万枚)などにより、フェイスtoフェイスを基本に自ら募金活動を実施します。

◇◆参加団体への助成金◆◇
参加団体への助成金は、募金実績額から10%の事務費(上限10万円)を控除しますが、募金実績50万円までは20%、50万円を超える額については10%の助成金を加算(上限50万円)し、次年度の6月10日までに県共同募金会から助成金を交付します。


◇◆参考◆◇
●平成30年度のテーマ募金(広域)の参加団体
 ①社会福祉法人島根いのちの電話
 ②特定非営利活動法人しまね子どもセンター
 ③スペシャルオリンピックス日本・島根


●参加団体のメリット
 ・募金活動を通じて団体の活動への理解を広めることが出来る。
 ・募金活動を通じて新たな仲間の輪が広がる。
 ・募金活動が会員の一体感に繋がる。
 ・活動の財源を継続的に確保できる。
●寄付者のメリット
 ・募金の使途が明確で、募金と助成が循環する実感が持てる。
 ・個人:寄附金の所得控除or税額控除、住民税の税額控除あり
 ・法人:寄附金の全額を損金算入できる