図書カード原画作品展

県内の小・中・高校生を対象に募集している「図書カード図案」の入賞作品をご覧いただけます。
図書カード原画作品展
平成30年7月31日(火)いきいきプラザ島根にて開催した図書カード図案審査会で、総応募作品202点の中から「最優秀賞」1点「特別賞」1点「優秀賞」6点「入選」10点が決定しました。
 最優秀賞の 伊藤綾香さん(出雲市立斐川東中学校3年) の作品は、本年度の募金運動用図書カードの図案として使用させていただきます。そして特別賞の々木いづみさん(島根大学教育学部附属中学校2年)の作品は、募金運動用クオカードとして使用させていただきます。
 たくさんのご応募ありがとうございました。

図書カード原画作品展
~図案審査会より~
【最優秀賞の伊藤さんの作品の評価点】
・描かれている絵のひとつひとつが、募金がどのように生かされているかを表している。様々な立場の人や暮らしを明るくして希望にあふれているように伝わってくる。
・アイコンのように簡略化されたものとは異なるイラストのあたたかさをもっているが、同じように真っすぐにメッセージが伝わる。
・20個のイラストが緻密に描かれており、明るくやさしい色づかいですっきりと見る人を楽しませてくれる。
・構成良く赤い羽根が配置されて動きがあり、人々に幸せを運んでいる印象を生んでいる。

図書カード原画作品展
特別賞の佐々木さんの作品の評価点】
・俯瞰した構図は難しいものであるが、一人一人の登場人物の描き込みと共に、極めて高い技能で描かれている。
・光の演出が彩色によってほどこされ、赤い羽根が宙を舞う。美しさにおいて特筆するものがある。
・募金の活動の先に様々な立場や状況の人々が存在し、赤い羽根を見つめる先に希望がある。中心に募金活動をしたであろう人が集い、輪が広がるように社会を照らしていく強いメッセージ性も見えてくる。




(後援)島根県教育委員会 社会福祉法人島根県社会福祉協議会

平成14年度からの図書カード原画作品をご覧いただけます。